こだわりの使用素材について

遠州織物イメージ画像

Ensyu-Orimono
遠州織物

高田織布さんの遠州織物

高田織布さんの作業風景

静岡県西部の遠州地域は、江戸時代には日本でも有数の綿花の産地であり、昭和初期までに綿、絹、別珍、コール天、注染など様々な特色ある織物が発展しました。

高田織布さんはそんな遠州地区、静岡県浜松市でオリジナル綿素材(キャンバスなど)の製織を行なっています。
高田織布さんは国内外の様々なファッションデザイナーともお仕事をされています。
受注生産をしながら、オリジナルの生地もたくさん作っています。自分が着たい、好きな生地を作りたいという想いから、肉厚な「オリジナルキャンパス」生地を開発されました。

遠州織物へのテアトリーノの想い

「自分が着たい、好きな生地を作りたい」と語る高田織布の高田氏。
生地に対する想いをとても感じました。
工場も見学させていただきました。ここに織屋さんが?!と思うような場所に、何台もの織機が。年代物から現代の機械まで様々。その機械達を、高田夫妻と、夫妻が休憩の合間は先代が操るとのこと。少ない人数で、ここまでの生地を作り上げる力と、熱意をすごく感じました。
そして、先代が語ってくださった織屋さんとしての葛藤や繊維業界の変革。グッとくるものを感じました。
さらに以前ほかの織屋さんでも聞いた、世代交代の壁という課題など・・・。
本当にたくさんの刺激をいただきました。
いつもお会いする時には、絶対に自分の織った生地のハンチング帽をトレードマークのように身につけている高田氏。私はそんな高田氏が作るオリジナルキャンパスが大好きになり、ファンになりました。テアトリーノでは、遠州織 物の中でも、高田氏の作り上げた生地を中心としたもの作りをもっとしていきたいと考えています。

遠州織物のお手入れ方法

普段は、ブラシなどで目に詰まった汚れを落としてください。生地には防水加工をしていますので、出来るだけ洗わないでください。どうしても汚れが気になる場合は手洗いしてください。洗濯機、クリーニングは避けてください。

どうしても汚れが気になる場合の手洗いについて

  1. ブラシやタワシに中性洗剤(漂白剤・蛍光剤が入っていないもの)を付けて水かぬるま湯で、こすり洗いしてください。汚れが気になる箇所ばかりこすると、そこだけ色落ちする事がありますので、全体的に同じ力で洗うようにしてください。
  2. すすぎ・脱水にも洗濯機の使用は避けてください。硬い生地ですので、縮み・色ムラ・しわの原因となります。
  3. 出来るだけ水を切ってから、しわを伸ばして風通しの良い日陰に干してください。
天竜産鹿革イメージ画像

Tenryu-Deer
天竜産鹿革

浜松市北部に位置する天竜地区。そこは野生の鹿や猪などが暮らす自然豊かな土地。 以前鹿や猪は害獣駆除対象として捕獲され捨てられていたと聞き、その革を活用できないかと2018年から鹿や猪革などを使いモノ作りをスタート。天竜二俣のGENUINE JEANS SHOP Spiral・オーナー福澤さんの力を借り、鹿革などの仕入れが徐々に増えてきました。
革には野山を走り回ってついたキズ、蚊に刺された跡も。決して完璧な美しさではないけれど、それがそのいきものの歩んだ道。
人間も同じように、それぞれ違う人生を歩むことで成長できる存在。天竜の革たちもそんな存在になるよう、育てて行きたいと思っています。
野生の中で育ったいきもののストーリーをカタチとして残すことで、生きた意味を引き継いでいきたいと考えています。

天竜産鹿革のお手入れ方法

本革の製品は、触り心地も良く、上質な雰囲気を日々の中に与えてくれます。
そんな革を扱う上で必要なのが、メンテナンス。
メンテナンスの一番の目的は、革製品を「きれいな状態で保ち続ける」「よし、大事にしよう」と思った気持ち。その時の想いを大切にするためにメンテナンスもおすすめします。
メンテナンスを行う目安は、手で触れたらかさつきを感じた時。まるで人の肌のようですが、そこが革の面白いところ。
天然のものである革は、時にかさついたり艶が出てきたり、日々、移ろうものなのです。
触れて、あなたの革製品に合ったタイミングを見つけてください。


定期的なメンテナンスに必要なのは、ブラシ、革専用のオイル、オイル用の布一枚と、乾拭き用の布が一枚です。布は綿など天然のものをおすすめします。

  • 最初はブラシを使ってほこり取り。強く押し付けたりせず、優しく撫でるように行いましょう。縫い目部分は特に汚れがたまり易いので、丁寧に行うのがポイントです。
  • 次は革に潤いを取り戻すための、オイルケア。これを行うことで革のひび割れを防ぎ、傷も付きにくくなるのです。
    革専用のオイルを1円玉くらい布にとったら、さっと全体に馴染ませます。付け過ぎるとシミの原因にもなりますので、うすく、手早くやりましょう。

さて、一杯の珈琲用のお湯を沸かしている間に、メンテナンスはほとんどおわり。あっという間です。

  • このあとは一時間ほど日光が当たらない場所に置いて、オイルをしっかり革に馴染ませる時間。
    馴染むのを待ちつつ飲む、淹れたての珈琲。綺麗になってゆく自慢の革製品を眺めながら過ごす、このゆったりした時間こそ、メンテナンスの醍醐味だったり。
  • 最後は全体を乾拭きして、おわりです。

時間の経過とともに劣化するのではなく、変化してゆく革製品。
未来の自分に、少しでも美しく、上質なものを手渡せるように。
休日の空いた時間にでも、ぜひ、試してみてください。

アルバートンイメージ画像

ALBERTON
アルバートン

ALBERTON(アルバートン)は生地のブランドです。
古くからアメリカで使われていたダック生地を中心に、日本国内の工場で生産されています。
中でもヴィンテージラインである、army duck(アーミーダック)生地のこだわりがあり、現在アメリカでは再現できなくなってしまった当時の織規格を再現するため、当時と同じ織り機を使い当時の資料を基準に生産しています。

  • 素材:綿 100% (Cotton/100%)
  • 組織:平組織
  • 製造国:日本 (Made in Japan)
  • 加工国:日本 (Made in Japan)
  • 加工:染色+バイオウォッシュ (Dyed+Bio Wash)

アルバートンのお手入れ方法

普段は、ブラシなどで目に詰まった汚れを落としてください。生地には防水加工をしていますので、出来るだけ洗わないでください。どうしても汚れが気になる場合は手洗いしてください。洗濯機、クリーニングは避けてください。

お手入れについて

  1. ブラシやタワシに中性洗剤(漂白剤・蛍光剤が入っていないもの)を付けて水かぬるま湯で、こすり洗いしてください。汚れが気になる箇所ばかりこすると、そこだけ色落ちする事がありますので、全体的に同じ力で洗うようにしてください。
  2. すすぎ・脱水にも洗濯機の使用は避けてください。硬い生地ですので、縮み・色ムラ・しわの原因となります。
  3. 出来るだけ水を切ってから、しわを伸ばして風通しの良い日陰に干してください。

その他、選び抜いた帆布商品などもご用意しております。
あなたのご希望を叶える一点が見つかりますように。

テアトリーノの全ての商品はこちら
遠州織物製商品一覧へ
天竜産鹿革商品一覧へ
アルバートン製商品一覧へ

Mobile shop